スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007飲み物考

最近3年間くらいの中で、1番好きな映画『007カジノロワイヤル』

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドが、なんとも素敵ですが、ストーリーはやや悲しい話です。

ブルーレイディスクを買おうとは思っていますが、とりあえず日曜洋画劇場で
地上波初登場だったので、楽しみに見ていました。
そうすると、映画館では気づかなかった小さな発見があって、また楽しいです。

そのひとつが、ボンドが楽しむ飲み物や食べ物の数々。
彼のこだわりが随所に見えて面白いです。

初めのほうのシーンに登場する、人妻を誘惑して情報を聞き出すとき。
ボンドは電話でルームサービスを頼みます。

「ボランジェのグラン・ダネとベルーガキャビア」

ボランジェは英国王室ご用達。ボンドが好きなシャンパンです。
私が飲んだことがあるシャンパーニュのなかでも、1,2を争うおいしさで、
もう一度飲みたいもののひとつです。
その中でも、グラン・ダネはブドウの出来がよい年だけのビンテージシャンパンで、
濃い色とコクのあるのみ口は、ピノ・ノアールの比率の高さをうかがわせます。
ちなみに飲んだビンテージは99年でした。

ベルーガキャビアはキャビアのなかでも最高級品。
粒が大きく、最近ではほとんどとれないと言われています。
それもそのはず、ベルーガのチョウザメは体長が10メートルを越し、
卵を持つまでに10年くらいかかるとのことで、密漁で減る一方なんですね。
シャンパーニュとのマリアージュはどうだろう?ちょっと生くさいような気もしますが、
最高級品のフレッシュキャビアは味が違うそうだから、食べてみないと何ともいえませんね。

カジノでのシーン。ボンドがバーテンダーに細かく指示します。

「ウォッカ・マティーニ。ゴードン3、ウォッカ1、キナリレをティースプーン1杯、
よくシェイクしてレモンピールを薄くそいで浮かべて。」

いわゆるヴェスパー・マティーニと呼ばれる、ウォッカマティーニです。
私にはマティーニは強くて、とても飲めませんが、このレシピは1回試してみたいものです。
ゴードンは、かなり柑橘系の香りが強く、ウォッカは普通無臭で、
キナリレ(今はリレ・ブランしか造ってないそうですが)の薬っぽい(であろう)香りとほろ苦さ、
レモンピールの香りとほろ苦さがあいまって、ほろ苦な柑橘系の香りなんだろうな~と想像してます。

ヴェスパーとの列車での移動中。
食堂車で食事をとる2人が飲んでいたワインは・・・黄色のラベルに、鐘のマークが入っていました。

ボルドーのサン・テミリオン、Chateau Angelusu(シャトー・アンジェリュス)

ではないかと思います。なんかロマンチックでいいですね。
大好きなサン・テミリオンです。私が飲んだアンジェリュスは、ちょうど眠ってる時期で、
固くて渋くてなかなか頑固そうな味に、開かない香りとあまりよくなかったですが、
きっとパッと花開いたときは、甘やかな香りなんでしょうね。
今度は起きてる状態を飲んでみたいです。

カジノで勝利を収め、ヴェスパーと祝杯をあげていたのは

シャンパンクーラーから首だけがのぞいていましたが、あれはボランジェのグラン・ダネ、
ボンドが大口で食べていたのは、ベルーガキャビアでしょう。うらやましいな。

飲み物食べ物で、これだけ楽しめる007です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最近の記事
プロフィール

スタッフM

Author:スタッフM
美味しいものが大好きです。
時々食べ歩きします。
シェフの教育が行き届いているらしく、けっこう辛口です。
最近ソムリエ試験に合格しました。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。